医療関連産業集積プロジェクト  成果報告致しました。

タイトル

提携企業大学

東北大学金属材料研究所、東北大学歯学研究科

 

事業概要

従来のしか向け骨再生用人口被膜及び固定ピンに関し、チタンは高強度だが治癒後の摘出再手術が必要、PLAは生分解性があるが比強度が小さいという課題があった。
そこで高強度ながら生分解性を有すMg貴金属ガラスの新材料からなる製品を開発した。治癒後は生体に吸収されるため摘出再手術は不要となり患者負担が減ると考える。

研究開発品

KAIHATUHIN

 

報告会場の風景

DSC_0007DSC_0011

 

カテゴリー: 展示・イベント パーマリンク